【刈谷市のあゆみ】
明治時代
1868年(明治元年)
刈谷城大手門外で多米・津田・黒田の三家老が斬殺される。
1878年(明治11年)
郡区町村編成法が施行され、刈谷地区は碧海郡の村々となる。
1880年(明治13年)
明治用水が建設される。
1883年(明治16年)
刈谷村に碧海郡高等学校(高等小学校)が開校する。
1888年(明治21年)
東海道線大府・浜松間が開通して刈谷駅が営業を開始する。
1889年(明治22年)
町村制施行により刈谷地区16村が刈谷町・元刈谷村・小山村・逢妻村・下重原村・小垣江村・野田村・一ツ木村・境村・逢見村の1町9村となる。
1891年(明治24年)
郡制施行に伴い、下重原村は重原村・半高村に、境村は境村・東境村に分割される。  
1906年(明治39年)
町村合併により、刈谷町(刈谷町・元刈谷村・小山村・逢妻村・重原村)、富士松村(一ツ木村・境村・東境村・逢見村)、依佐美村(半高村・小垣江村・野田村)となる。
1908年(明治41年)
刈谷実業同志会(後の商工会)が設立される。
1912年(明治45年)
刈谷町に初めて電灯がともされる。