【刈谷市のあゆみ】
戦国時代より前

○旧石器時代
山の神遺跡(刈谷東中学校校庭内)

○縄文時代
本刈谷貝塚(本刈谷神社境内)   

○弥生時代
八王子神社貝塚(八王子神社境内)   

○古墳時代
井ケ谷古墳(井ケ谷町大塚)、泉田古墳(泉田町宮東)

○鎌倉時代
1300年(正安2年)
野田八幡宮の社殿が再建される。

○室町時代
1413年(応永20年)
利山義聡が楞厳寺を創立する。
1476年(文明8年)
緒川城主水野貞守が刈谷に進出する(刈谷古城)。