特定非営利法人パンドラの会

■活動目的
障がい者が、生き生きと生活できるノーマライゼーション社会の実現。

■活動内容
「パンドラの会」は、平成8年2月に障がい児(主に知的障がい)をもつ親が我が子の将来を考え結成されました。 その後、会の趣旨に賛同していただいた一般の方や、ボランティアの参加があり、平成13年3月には、特定非営利活動法人(NPO法人)の認証を受けることになりました。
 主な活動は洋菓子の製造・販売で、平成12年4月7日愛知県刈谷市に、障がい者雇用と障がい者社会参画を目的に、「おかし工房パンドラ」を設立し、翌年、NPO法人の認証を受け、障がいを持つ人たちの勇気と可能性を実現させる活動の基盤を安定させることができました。障がい者の雇用を中心に事業を行い、今では、刈谷市に本社のある大手トヨタ系企業(?豊田自動織機・アイシン精機?・?デンソー)様と協働事業を行っています。設立今後は、就労支援、生活支援などの障がい者に必要と思われる施設及び、センターの設立なども視野に入れ活動をすすめていきたいと考えています。

お菓子工房パンドラのHP